SHUTTER CYCLE DIARIES Jun Yazawa Photograpy

バーベキューは喜びを2倍にし、悲しみを半分にする。

「友情は喜びを2倍にし、悲しみを半分にする」

これはドイツの思想家、シラーの言葉。

この言葉は、中学か高校の生徒手帳の片隅にのっていた名言。

生徒手帳には枠外に歴史人の名言がのっていて、授業中のヒマなときは、それを読むのが日課だった。

もうひとつ覚えているのは「天には星、地には花、人には愛」という武者小路実篤の言葉。

jypblog20161115b

さて先日、

学生時代の友人を招いてバーベキューを開催した。

これは数年に一度の恒例行事になっているが、

東京や新潟など遠方から栃木へと来てくれた友人に、我が家流のバーベキューを振舞うというもの。

大学時代をともにした仲間だが、なかなか全員が集まることができない。

しかし、この仲間は言葉や時間を超えたつながりがある気がしている。

ぼくが白血病を患ったときに、まるで自分のことのように悲しみ、そして助けてくれた仲間たちだ。

骨髄移植を受ける前には、募金集めの一環として、

病状を報告するブログを立ち上げてくれたり、写真展を開催するために奔走してくれたり、

本当に感謝しきれないほどに助けてくれた友人たち。

jypblog20161115a

今はそれぞれが父になり、母になり、ある友は経営者として、それぞれの道で活躍する仲間たち。

病気を経験してわかったことは、友人のありがたさ。

本当の意味での人間の優しさを知る機会に恵まれたのだ。

「見返りを求めない心」こそが本当の優しさなのだと思う。

ぼくは結婚式を挙げていないが(闘病時期が長かったので式を挙げないことにした)、

この友人たちはサプライズで、ある場所を貸し切って自前の結婚式まであげてくれたのだ。

さすがにこれは驚きとともに涙なみだのサプライズだった。

(このときも栃木にある温泉施設のバーベキュースポットだった。笑)

jypblog20161115c

今思えば白血病の闘病中はほんとうに多くの人に助けられた。

撃鉄を食らったようなショックのなか、

家族をはじめ、アメリカの入院生活を支えてくれた友人たち、

移植までの道のりをたくさんの友人たちに助けられてきた。

一人では受け止められないような悲しみは、

支えてくれた人たちのおかげでどんどん希釈(きしゃく)していった。

いつしか悲しみが勇気に変わり、

骨髄移植という重い治療を乗り越えるパワーになった。

その感謝の気持ちが今の自分を作っているのだと感じる。

jypblog20161115f

そしてこの仲間たちには、感謝の思いを一生、、、

人の一生なんてとても短いものかもしれないけど、一生忘れることはない。

ぼくらも父になり、母になり、自分では気づかないうちに歳を取っていく。

いつか子どもが大きくなったときに、ぼくが友人から教えてもらった「本当の優しさ」を伝えてあげようと思う。

友情は喜びを2倍にし、そして悲しみを半分にしてくれることを・・・。

jypblog20161115e

YAZAWA、感謝の気持ち忘れません。

 

 

Comments are closed.

Post Navigation