SHUTTER CYCLE DIARIES Jun Yazawa Photograpy

Category Archives: 映画・音楽

夢と感動の相乗効果

みなさんの夢は何でしょうか?

love_on_the_pier

好きな人とずっと一緒にいたい。

ヒーローになりたい。

総理大臣になって国を動かしたい。

プロ野球選手になりたい。

強国のリーダーになって世界覇権の一役を担いたい。

お嫁さんになりたい。

などなど、人によって夢はさまざまだと思います。

大人になった今、夢を持って生きていくことさえ難しい、なんて思ったりもしますよね。

夢を叶えられなかった人にとっては”ハカナキモノ”と映り、夢を叶えた人にとっては”心を支える強靭な思想”と映るのかもしれません。

熱い濁流のような人々の歓声、
それはやがて清流の静寂となり、
“男たち”の登場で火がついたような激流となった。

B’zライブジム2011最終日(千秋楽)。

月日が過ぎるのは早いもので・・・、

昨年の話となりますが、2011年のクリスマス当日に行ってきました!!

そこには観客約5万人分の思いがあり、クリスマス寒波も吹き飛ばすほど盛り上がっていました。

その約5万個の思いをたった1つの言葉に表すとすれば、
『感動』

これに違いありませんね。

最初から最後の1曲まで感動でイッパイでした♪

evening_grow_ca

話は冒頭に戻りますが、人はなぜ「夢」を持つのでしょうか?

その夢に到達した時の感動を味わいたいから。

B’zさんのライブパフォーマンスを見ていて、また観客のみなさんの熱狂を感じて、大満足した後にそんなことを考えていました。

昔読んだ本に、
「夢は将来に通じる大きなものと身近に叶えられる小さなもの、この2つを持つと良い。」
とありました。

もちろん夢は大きければ大きいほど、叶えがいもあるし感動も大きいと思います。

ただ大きな夢への道は、小さな一歩の積み重ねから生まれるような気がします。

spread_wing

波乗りでいえば・・・、
日々早起きを心がけることで良い波にめぐり会えたり、
今日乗れなかった波に次回は乗れるように努力をしたり、
ボード上で足を滑らせないようにしっかりワックスアップしたり、
などなど。

身近なことをしっかりやっていくことは、大きな夢をいつか叶える準備になっている。

ライブ後にはそんなことまで考えをめぐらせてしまいました。

クリスマスに聞く「いつかのメリークリスマス」最高でしたよ♪

強靭なパワーで夢を突き進んでいらっしゃる、B’zのみなさまに「夢」と「感動」をいただいてきました。

涙の効用とは!?

闘病を経験してからとても涙もろくなった。
2〜3日に一回はどこかで涙を浮かべている気がする。

悲しくてではなくて感動して涙が出るのだ。
俺は36歳の男の子だから、基本的に悲しくて涙することは無い。
そんな弱い涙は15歳の春に卒業した。

映画やドキュメンタリーを観て、
または小説を読んだり音楽を聴いて泣くのである。

そこで涙の効用を調べてみた。

1、体の浄化作用。
2、神経がストレス状態からリラックス状態に移行する。
3、免疫力を高める。
4、脳内エンドルフィンによる精神の鎮静効果。
などなど。

これらは「笑いの効用」とだいぶ似ている。

要するに、
『感動』がひとつのキーワードと言えるのかもしれない。

感動とは、
あるモノゴトに深い感銘を受けて強く心を動かされること。

日々いろいろなことに感動できる、
そんな体質でいられたらなんて幸せなことだろうか。

みなさんは感動してますか?

おれは今日こんな歌を聴いて感動しました。

Stay Hungry, Stay Foolish.

apple_jobs

「今日のトピックは?」という問いがあれば、
間違いなく「スティーブ・ジョブズ氏、死去」であろう。

マイツイッターのタイムラインはこの話題で埋め尽くされていた。

気になったツイッター記事をいくつか集めてみた。

『【アップル ジョブズ氏死去】iPhoneやiPadなど独創的な製品で、「アップル」を株式時価総額で世界一の企業に押し上げ、世界的なカリスマ経営者として知られるスティーブ・ジョブズ前CEO=最高経営責任者が亡くなりました(10/6)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111006/k10013068991000.html

『ジョブスは死んだのではない。クラウド化してiJobsとなったのだ。これからのJobsはいつでもどこにでもいるの』

『世界を変えた3つの林檎。イヴを誘惑した林檎、ニュートンが見た 林檎、そしてジョブズの林檎。』

『「自分が世界を変えられると 本気で信じる人たちこそが 本当に世界を変えているのだから Think different」Jobs復帰の年のCMが今日は特に感慨深い。』

『アップル本社があるクパチーノに大きな虹がかかってる。』

『スティーブ・ジョブズとビートルズは似てると思うんだ。世に出たときはイカれた異端者。だけど人気者。パワーが臨界に達すると世の中を本当に変える程の影響力をもつ。スタンダードになるんだ。』

これらのツイートだけでもジョブズ氏が世の中に与えてきた影響の計り知れなさを感じる。

ジョブズ氏の名言が詰まったスピーチとして知られている、
「スタンフォード大学卒業式辞」動画にも辿り着いた。

『私は毎朝鏡を見て自分に問い掛けてきました。「もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やろうとしていることを私はほんとうにやりたいだろうか?」と。その答えが「ノー」である日が続くと、そろそろ何かを変える必要があるとわかります。自分がそう遠くないうちに死ぬと意識しておくことは、私がこれまで重大な選択をする際の最も重要なツールでした。』

ぼくも移植という今までの人生で最も死に近づく経験をして、
人生にはいつか終わりが来ることを肌で実感した。

ジョブズ氏の経験からすれば10,000分の1、いや1億分の1の経験もしていない自分だが、
スピーチから抜き出した言葉(上記)に共感して強く胸を突かれた。

『点と点が繋がることを信じて・・・、ハングリーでいろ。愚か者でいろ。』

090311_02

ぼくはアップルの熱狂的ファンとまではいかないが、
仕事環境はすべてアップル社製品で埋め尽くされている。

なぜアップルなのか?

操作性、デザイン性、クリエイティビティなど色々あるが、
一番の思い入れはその居心地の良さにあると思っている。

お好み曲を集めたiTunesのレパートリー、マウスのクリック音、キーボードを叩く音、
そのすべてに”スティーブ・ジョブズの意志”が込められている。

ジョブス氏のように、人を、世界を変えることは難しい。

それに比べれば自分の人生を今よりもより良きものに変えていくことは簡単だろう。

生きていれば楽しいことだけでなく、
辛いことや悲しいことにも出会う時が来る。

そんなときぼくはこう呟くことにする。

「Stay Hungry, Stay Foolish.」

いつかつながるであろう”点と点”を信じて・・・。

死ぬのが恐いから・・・

「死ぬのが恐いから飼わないなんて、言わないで欲しい。」

s-pet

名文というものがある。
たった一行の言葉でもその世界をすべて伝える強い力を持っている。

そういう類いのものは、小説であろうと詩であろうと、そのメディアを飛び越えて永遠に心に残る。
たとえ産業広告のキャッチコピーであったとしても、そこを飛び出して胸にグッと突きささる。
そして、そういう文と多く出会うことは、自分の心の中にあるワールド、いわば価値観の血となり肉となる。

おれは犬が好きだ。
というより犬との縁があるのだと思う。

生まれてこのかた、自分の意志で犬を飼ったことがない。
いつも誰かが連れてくるのだ。

おじいちゃんが飼っていた犬、
親戚が飼えなくなった犬、
みんなにもらいそびれてしまった子犬、
母がどこかから連れてきた犬、

だから自分が本当に犬が好きなのかはよくわからない。
ただ敵意を示さない犬ならどれも可愛いと思える気持ちはある。

年老いた犬でも、生まれたての犬でも、一つの命。

つぶらな目で甘え、ときには吠え立てるように生命を表現する。

長い間、飼っていた犬が死ぬことはとても恐い。
それは生と死に接することが極端に少なくなった現代人なのだから当然でもある。

人は年をとっていく中で多くの生を経験し、また多くの死に立ち会う。
自分のことや友人の場合も含めて様々な環境で、子どもが生まれる嬉しさも、肉親が亡くなる悲しさも、自分さえ生きていればきっと経験することだ。

たった一つの命。

世の中には数えきれないほどの”たった一つの命”がある。
だから地球は豊かさに満ちあふれた星なのであろう。

・・・なんていうところまで考えを張り巡らせてしまう。

これが名文の効果なんですねぇ。
たとえ短い一行でも、心にささるキャッチコピーってすばらしい。

あと、やっぱり凄いな!って思ったのが、糸井さんのこのコピー。

この映画のもつ世界観をすべて代弁するかのような言葉。
それはたった「3文字+。(句点)」に集約されている。

嗚呼すばらしい。

mononokehime

当たれ〜♪

今年のゴールデンウィーク(GW)は、
普段と変わりなくたんたんと仕事をしていました!

「GWニモマケズ」

雨ニモマケズ

風ニモマケズ

GWの誘惑にも負けず

花粉症にはちょっと負けつつも

肌にやさしいチリ紙に助けられ

一日に2食と決めてどんぶり飯を食い過ぎて

休みの日の仕事の勘定をする

東に結婚する友あれば

メッセージビデオを持って駆けつけ

日本の経済を懸念する人あれば

帰省中の友人と飲みにいく

北から風が強く吹けば

車は黄砂の砂にまみれ

南の国にでも行きたいなと

妄想はすれどやっぱり机に向かう

急に冷えた日は厚着をして

今年の夏はクーラーを控えるぞと意気込み

これで節電はバッチリさと

一人、悦に入る

そういうものに

わたしは・・・

いや、
わたしのゴールデンウィークは
なっていました。

blog20110506a
環境ニモマケズ すくすく育つカイワレちゃん

blog20110506b
花ニモマケズ ポーズを決め込む 近所のマイちゃん

blog20110506c
眠さニモマケズ・・・いや、負けたみたい。

大型連休であろうがなかろうが、
近頃の世の中はいろいろな誘惑があります。

やっぱり人間はコツコツと働いて、
しっかりお金を貯めるのが一番ですね。

堅実にケンジツに・・・

あっ
ぼくの好きな歌が流れてきた!

当たれ〜♪