SHUTTER CYCLE DIARIES Jun Yazawa Photograpy

Category Archives: 波乗り

サーフィンから学ぶ、「今この瞬間を生きる」という考え方。

サーフレジェンドのジェリーロペスの言葉に、

「サーフィンとは”禅”である」という言葉がある。

この言葉が意味するものは?

分かるようで分からない。

分からないようで分かる。

そんな疑問がいつもあった。

「静的な禅」に対して、「動的なサーフィン」。

この何が同一なのだろうか、と。

jypblog20160927_01

この答えに一歩近ずくような思想、

それは、ぼくが起業家として尊敬するスティーブ・ジョブズの言葉にあった!

「じっと座って観察すると、

自分の心がいかにひとところに留まっていないかがわかる。」

ジョブズは座禅をこよなく愛した経営者として知られている。

心を落ち着けて内的自分を見つめ直す、座禅にはそのような効果があるようだ。

「とらえにくいものの声が聞こえるようになる。

その瞬間に、直感が花開いて、

物事がくっきりと見え始め、

もっと今この時を生きられるようになる」

座禅をすることで、

「今この瞬間に意識を向ける」ことができると語っている。

なるほど納得!!

これは話題のマインドフル・アウェアネスにも通ずる考え方ですね。

※マインドフル・アウェアネス

瞑想など、禅の手法を用いたメンタルトレーニング。

感情をコントロールすることを目的にスポーツやビジネス界でも注目されている。

プレゼンの上手さで有名なジョブズだけに、言葉が胸に刺さります。

この思想は、まさにサーフィンと重なる部分ではないだろうか。

jypblog20160927_02

普段生きていると、

自分の思考イメージはさまざまな時間軸を飛び交う。

あの時もっとこうすれば良かった。

自分の将来はどうなっているのだろうか?

こんな夢を叶えたい。

などなど過去や未来を行ったり来たりと。

それがサーフィンをしている最中は、まさに今その瞬間のことに集中している。

その日の斜面に合わせてテイクオフを反芻する自分。

いつセットはやってくるか?

良い波に乗るためのベストなポジショニングはどこか?

どのようなラインで乗るのが最良か?

思考回路はすべて波に向けられて、この世に存在するのは、まるで自分と波だけかのように。

ただただシンプルな世界のなかに放り込まれる。

これこそが今この瞬間を生きる強さではないか!

そして禅と同一の思想がここに流れている。

jypblog20160927_03

デイブ・ラスタビッチは、サーフィンの魅力についてこう答える。

「サーフィンはいつも俺に教えてくれる。

サーフィンをしているとき、

善悪や生き方など現実的なことをいろいろ考えてると、

バランスを失って毎回ボードから落ちる。

でも、ただ無心にサーフィンすれば、

生涯最高のサーフィンができるだろう。

チューブライドやクールな体験ができるはずだ。

つまり俺たちは、

どんな風にサーフィンするとしても、

こんな気持ちでテイクオフする。

目の前に現れた波に乗る。

他のことを考えてる余裕なんてない。

次の日の予定や人からの評価なんて関係ない。

状況に対応するだけ。

集中して立ち向かえば最高の結果が生まれる。

サーフィンの魅力は、

自然への敬意や、それを取り巻くすべて。

そのすべての要素が、

俺がサーフィンをする理由さ

今この瞬間を生きること。

過去にとらわれることなく、また未来に思い悩むことなく、今この時を見つめて生きる。

いつかそのシンプルな境地に辿り着けるよう、今も座禅しながらブログを書いている。

…と、この辺で足がしびれてきたので終わりにします。

いやはや、無心とは難しいものである。

 

健全な精神は健全な肉体に宿る…その真意とは?

jyp_blog20160914_02

「健全な精神は健全な肉体に宿る」

これはローマの詩人ユウェナリスの言葉。

“健全な精神と健全な肉体は、両立しているのが望ましい”と伝えている。

波乗りをしていると、

その究極的バランス感覚の大切さを知ることになる。

特に肉体と精神のバランスがこんなにも大切なスポーツは他に知らない。

海を相手にするサーフィンにとって、

「つねに楽しむ」という発想はどのように育まれるのか?

ただただ無心で波を観察すると見えてくることがある。

波を「乗る」ものとしての良し悪しで判断せず、ただ割れる波として観察する。

(禅問答のような気もするが・・・)

つねに楽しむという心の余裕は、そんなおおらかな視点から生まれる。

jyp_blog20160914_01

例えるなら、物心がつく前の子どものように、すべてをありのままに受け入れる。

周囲の世界で起こることを、言葉や型に当てはめようとせず無心に物事を観察する。

良いとか悪いとかの判断を下そうとせず、純粋に物事を知覚しようとする。

そのおかげで、大人には見えない発想やものごとの本質が見える。

子供にしか見えない世界とは、そんな視点から生まれるのではないだろうか。

波乗りの世界も同じで、

ただブレイクする波に対して楽しみを見いだせれば、いつも楽しめると思う。

良い波は潮位の変化や風向きによって、一瞬で形を失ってしまう。

不確かな自然を相手にして、執着することの無益さ。

確かなことは「生じたものはやがて必ず消える」という、自然の摂理には逆らえないという事実。

jyp_blog20160914_03

人生には、やっとの思いで手にしたものでさえ、スルリと手を滑り落ちることがある。

「最高のセットがキター!絶対に乗ってやるぅ」と執着を持てば持つほどに・・・。

最高の波への執着を手放すことで、本当に美しい波と出会えるのかもしれない。

(またまた禅問答のようだが・・・)

心を広く、おおらかに構えることで、いつも笑顔で生活していたい。

世界を変えるのはいつも”Nonconformist (体制に従わない人)”

 

「みんなは自分のことを変わり者だと思ってるみたいだけど、

おれは物事をシンプルにしたいだけなんだ 」

とは、トロント・ブルージェイズの投手ダニエル・ノリスの言葉。

danielnorris_vanman01

彼は誰もが憧れるメジャーリーガーでありながら、

“シャギー”と名付けた1978年型フォルクスワーゲンのキャンパーヴァンで生活する。

ヴァンの中には寝台と寝袋、そして一本のサーフボードとケルアックの小説。

それだけで彼のシンプルな哲学が見てとれるようだ。

選手が集まるロッカールームには、無料のコーヒースタンドが設置されている。

しかしながら、ノリスは”シャギー”の後部に座り、ヒーターで暖めたコーヒーを選ぶ。

チームメイトには、

「ただで飲めるコーヒーがあるのにおかしいと思わないか?」

と言われるが、ノリスは平然と答える。

「自分にはこっちのほうが合っているんだ」

そこに見てとれるのは”自由な精神”だけでなく”哲学的な思想”だ。

根っこには哲学があるからこそブレない自分でいられるのだろう。

mag_danielnorris01_nw

ポータブルストーブで焼いた卵を食べながら答える。

「みんなに変わり者と思われてもこの生活を変えるつもりはないよ。

素晴らしいシーズンを過ごすには、

ハッピーでバランスのとれた状態でいること。

これが唯一の方法なんだ。

型破りかもしれないけど、人生を健やかに過ごすには冒険も必要さ 」

van-danielnorris_surf

オフシーズンにはキャンパーヴァンで遠出をし、

サーフィンやロッククライミングに明け暮れるライフスタイル。

「心の中に贅沢なものは必要ないと決めているんだ。

自分の人生は本当に贅沢なものだと思っている。

オーシャンビューのビーチに住み、暖かい食事と濃いフレンチコーヒーがあるからね」

彼が、ふとした時に想いを綴るジャーナル(日記帳)には、こう記されている。

“親切でいること。思いやりを持つこと。他者を愛し、幸せでいること。とても単純なことだ”

 

sunset wave at Dstreet

アメリカ人のサーファーのなかには、

キャンパーヴァンで生活している人など当たり前のようにいる。

ぼくの友人には古い船を買い取って、

ベイで水上暮らしをしているヒッピーサーファーもいる。

そんな彼はどこに行くにも裸足だった。

そんな生き方だからといって、

彼らは社会性がないわけでもなく、

世間とも周囲の人ともしっかり同調しながら生きている。

人とちょっと違う点は、

世の中でいう”当たり前の生き方”を選んでいないだけ。

それだけの違いだが、

なんとも個性的で興味深く、

いつも活き活きと輝いている人が多い。

そして、どんな環境にいようとも自分を見失うことがない。

 

一方で、世の中には、

自分に見合わないという理由だけで相手の個性を奪おうとする人がいる。

ルールの「押し付け」で自由を奪おうとする人がいる。

その悪しきパワーに屈して、個性や自由を奪われて、

最後には情熱さえも奪われてしまった人も見てきた。

しかし、往々にして”押し付けた側”はその責任を取ることはない。

そういう人間に限って、ただただ相手のせいにするだけなのだ。

jypblog2015sunset_srilanka

かのガンジーは、

“自由であることこそ幸福である”といった。

「幸福とは、考えていること、発言していること、

行動していることが調和している状態である」と。

幸福で健やかに生きるには、

心と身体のバランスのとれた状態が必要である。

調和した生き方が、日々を力強く生きるパワーや情熱を生む。

個性的に、自由に生きる人は知っている・・・、

「自分らしく生きること」こそ心身の調和を生むことを。

danielnorris_vanman02

前述したダニエル・ノリスの住居兼ヴァン、

そこは彼が精神を整える場所でもあるようだ。

そのキャンパーヴァンの内壁には、

『Nonconformist(体制に従わない人)』と書かれているという。

世界を変えるパワーを発揮する人は、

誰かが決めた体制などに無意味に従わず、

枠にとらわれない発想と情熱を持って生きる人なのかもしれない。

 

参考記事:

“THE MAN IN THE VAN”  by ESPN SPORTS

 

ヒーリング・オーシャン(癒しの海)

srblog20140818f

今日、3月11日は日本人にとって忘れてはならない日。

いまだ日常生活を再開できない方々も多く、

被災地域も復興に向けて模索している場所もある。

あの震災の揺れは今でもはっきりと思い出せる。

自然の脅威を目の当たりにし、為す術(すべ)無き思いに駆られた日。

同時に人々の心を一致団結させて、一つの方向に向かう強さを知った日。

あの日から多くの学びを得た気がする。

生きることとは?

死ぬこととは?

自然と共存する生き方とは?

海と人とのつながりは?

原発は本当に必要なのか?

自然と人の未来とは?

 

海の恐ろしさを知ったあの日から4年、

俺を含め、多くの友人は変わらずに海に向かっている。

人間が海から与えられる生気に触れたくて。

波乗りという行為を通して海のパワーに触れたくて。

srblog20140818

波乗りで生気を養うサーファーたち。

海から与えられる生気は、

カラダだけでなくココロまで活力を養われる。

サンディエゴ出身のある一流アメフト選手の話をひとつ・・・。

体をぶつけ合うアメフト選手にとって、

怪我や疲労はつねに悩みのタネで、

他のスポーツと比べても選手生活は短い。

地元サンディエゴのヒーローであるにもかかわらず、

まだスーパーボウル優勝の経験がない彼は、

37歳にして体力の限界を感じ、引退を考えていた。

そんな時期にサーフィンと出会い、

その肉体は再び若さを取り戻し、

たたかう意欲を蘇らせたという。

アメフトのように自分から仕掛けるスポーツと違い、

サーフィンは乗るべき波を待たなければいけないもの。

攻撃ではなく、協調することが大切。

「そこには自分と自然だけしか存在しない。

オレはボードに股がり海に出たとき、

自然と接していることを生まれてはじめて実感した。

海から上がると、オレは誰かれとなくハグしたくなる。

自然にそんな気持ちになれるんだ。

とても穏やかで、安らかな気持ちが生まれる」

海で生気を養った彼は、

一度は引退まで考えたにもかかわらず、

チームキャプテンとして臨んだ翌シーズンに、

抜群の団結力を持ったチームを作り上げ、

16戦全勝という快挙でスーパーボウル出場を果たしたのだ。

srblog20140818a

グラミー賞受賞アーティストのジェイソン・ムラーズ。

昔はタバコも吸っていたし、ジャンクフードも食べ、

ビールもすごく飲んで、とてもロックンロールな生活を送っていたんだ。

でも、10年前にサーフィンを始めてから、

それまでの生活の仕方がなんだか変に感じて、

もっと自分をいたわるようになった。

そうしたら活力的にも感情的にも身体がどんどん変わりだして、

調子もすごく良くなった。もう昔には戻れないね。

聞いた人みんなが気持ち良くなるような音楽を作りたい。

そう考えるようになったのも、

オーガニックな生活をするようになってからなんだ」

海上がりに聞く彼の曲は、

まるでまだ波に乗っているかのような気分になり、

ほんとうに気持ちよくなるナンバーが多い。

特に大ヒット曲の「I’m Yours」は最高!!

srblog20140818b

こころの病気を患ったあとに、

すべての生活をリセットして海に通うことで、

少しずつ自分を取り戻した友人もいる。

もちろん自分もその中の一人。

骨髄移植をする前と今ではサーフィンに対する思いが大きく変化した。

一度は諦めかけた波乗りへの気持ち。

ただ挑戦することや楽しむことだけではなく、

海にある癒しやパワーに目を向けられるようになった。

それからは「マイペース」を大事にしている。

また俯瞰的に海をみる視点をもつことで、

波がない日でも楽しめるようになった。

実際にちょっと海に浸かるだけでも、

カラダやココロがすっきりとリセットされた気分になる。

srblog20140818d

なぜ人間は海に癒しを求め、生気を養うことができるのだろうか? 

もちろんサーフィンが楽しいということもあるが、

それだけじゃない海の力のようなものを感じるときがある。

「生命は海から誕生した」ということだけでなく、

母なる海がもつ包容力や、

海という自然のなかで過ごす時間、

そのなかで何かを得ているのだと思う。

srblog20140818e

おそらくそのワケは、

「自然」と「自分」以外の何ものにも依存しない、

独立した時間を過ごせるからかもしれない。

サーフィンは他の競技スポーツのように、

相手がいなければ成り立たないものではなく、

たった一人でも最高の楽しみを味わうことができる。

逆にいえば、

この感覚はサーフィン以外では味わえないもの。

自然、そして自分と向き合う時、

この時間こそがサーフィンの至高であり、

海が人間に生気を与える瞬間なのだ。

ヒーリング・オーシャン。

広き雄大な海には、人智をはるかに超えたパワーがある。

 

jypblog20150311a

あの震災から4年。

この4年は仕事でもプライベートでも後悔のない生き方を模索してきた。

もし何かに興味があるなら、たとえ何歳でも新しい扉を開けてほしい。

きっとそこには人生を変えるすばらしい精神性があるはずだ。

そして海への扉はいつも開かれている。

 

 

時を超えて語り継がれる想い。ある飛行思想家のストーリー

fly_man_fly_high

「自分がもし炭坑夫だったら、

地下に人生の教訓を掘り出そうと努力したであろう。

ぼくにあっては、

飛行機は決して目的ではなくて手段だ。

自分を創り上げる手段だ。

農夫が鋤(すき)を用いて田畑を耕すように、

ぼくは飛行機を用いて自分を耕すのだ」

いまから71年前、あるひとりの思想家がこの世を去った。

彼の名はサン・テグジュペリ。

南米の新航路調査などをおこないつつ、作家として数々の名作を残した人物だ。

代表作『星の王子さま』は、今もたくさんの人に読み継がれる名作。

サン・テグジュペリは、自身の飛行経験を通して得た思想を、

うつくしく哲学的な文章という形で、人々にいまも伝え続けている。

「ひとり空を飛行すること」で彼の思想は、より創造的なものになっていったのだろう。

普通では経験できないことから、多くの知識を与えられて、

小説(ストーリー)というカタチで人々に感動を伝えたのだ。

srblog_imgp1341

普通では経験できないこと。

それはサーフィンにもいえることだと思う。

サーフボード一本で海に漕ぎ出して、盛り上がる海水を追いかけて、

うごめく水面を浮遊しながら滑っていく。

これは普段生活する陸上では想像もつかない行為で、何もかもが斬新で不思議な世界。

沖から海を見れば、遥か続く水平線だけがあって、

陸側を見れば、人々が普段の生活をする土地が広がっている。

そこで得られるものは、空を飛行することにも似ている気がする。

srblog_IMG_7620

サーフィンは道具をそろえることから始まり、ひとり海に漕ぎ出すところまで、

未経験の人にはなかなか想像ができないために、敷居が高いスポーツと思われがちだ。

しかし、実際にサーフィンをしている方からすれば、

思い立って始めてしまえば、「難しいけど感動的で楽しいスポーツ」で、

その難しさに一気にのめり込み、海のこと、道具のこと、天気のこと、

そのすべてが楽しくて仕方ない日々となる。

srblog_imgp1318

そう考えてみると、サーフィンをするものの言葉は、

まだ波乗りを知らない人への「魔法の言葉」になるのかもしれない。

期待がふくらむ海までの道のり、朝陽に照らされた海面の輝き、

沖から迫ってくるうねりへのドキドキ感、波のパワーを一気に感じる瞬間、

波の斜面がみせる美しさ、そこに巡りあう本当の海の大切さ。

その場所で経験した言葉には、純粋な楽しさと感動があふれている。

そして、より良い「海とのつきあい方」を創造していく使命がある。

pelican_wave

飛行家サン・テグジュペリはこう残している。

「大きな冒険や勝利、創造的な行動に邁進するとき、人はこの上ない喜びを得る」

たった一人の思想家の思いは、

ストーリーという形で時代を超えて語り継がれ、世界中の人々のこころに浸透している。

空の冒険、海の冒険、空と海はどこか似ている。

「空を自由に飛ぶ=波に自由に乗る」

今、グライド(滑走)の快感は俺の人生の支えになっている。

そんなこんなで近々波乗り旅に出ます。

行き先は…スリランカ!!

Have a good winter friends!!