SHUTTER CYCLE DIARIES Jun Yazawa Photograpy

Monthly Archives: 5月 2009

You are browsing the site archives by month.

ラクーアでデトックス

日常生活をしているとふと身体の毒素レベルが上がってきたなぁ、と感じることがある。

これはヒジョーに感覚的なことなのでその科学的真意のほどは知りませんが、ヒジョーに明確的かつ確信的に、な〜んとなく感じるのである。

なんだか身体がモヤモヤする様な感じ・・・。

移植前は日課として海で波遊びをしていたこともあり、母なる海デトックスを自然にしていた。

そんなんだから波乗りができない状況では当然いろいろなものが身体に溜まっていくのだろう。

最近は釣りや定期的な運動をすることで体力のほうはだいぶ付いてきているが、身体と精神の毒を抜くのは水分に浸かるのが一番。

ということで、ラクーアに行ってきた。

blog-090531f

中は数種類のサウナや岩盤浴があり、薬湯風呂、露店風呂、和食処などがあって、値は張るが一日中遊べるのでいいですね、ハイ。

大量の水を飲んでから、温浴でブイブイと汗をかく。

また水を飲んで岩盤で寝ながら汗をかく。

さらに水を飲んで、ミストサウナで汗をかき、水を飲んで風呂に入る。

しめは風呂上がりのコーヒー牛乳を腰に手を当てて一気飲み。

毒素の抜けた心身に新鮮な水分がグビグビという音とともに沁みわたる。

blog-090531g

ラクーアは外国からの観光客が多く、みんな「風呂はサイコーだな、おい」「やっぱ日本に来たら風呂に限るぜ、なぁ相棒!ナハッ、ナハッ、ナハッ」などと言いつつ、肩を叩き合っている。

(ヨーロッパ系の言葉はわからないのであくまで推測ですが・・・)

なかにはモデルのような素晴らしいお体型をした北欧系美人さんなどもいて、これぞ心のデトックス!って感じでした。

やっぱり温泉や風呂は心身ともに癒されますね。

館内はもちろん撮影禁止なので、東京ドームシティーのアトラクションズをブラブラしながら写真を撮ってきました。

blog-090531

ガキの頃にジイちゃんと行って依頼の後楽園遊園地。ずいぶん進化しましたね。

blog-090531a

ドキッ、そんな顔で見られたら僕の羞恥心が・・・。

blog-090531b

規模は小さいけど子供たちにはサイコーの遊び場でしょう。

blog-090531e

カラフルワールド・東京ドームシティ

blog-090531d

みんな集めてピラミッドパワーでUFOを呼んでみることにしました。

blog-090531c

すると轟音とともにUFOが空を覆うほど接近・・・。

田舎から稀に東京に出てくるとそんな妄想が頭によぎるほどの大都会TOKYOは、今日も刺激的な街なのでありました。

ちなみにこの日はジャニーズアイドルのライブがあってたくさんの人で混み合っていました。

女だけの・・・

地元、天平の丘公園へブラリと行ってみた。

ここは開発され続ける片田舎にあってもまだ自然が多く、地域の人が育てるお花畑や古墳、雑木林などが残る里山的な場所。

周囲はもちろん田んぼと畑の園。

春には桜が咲き、菜の花が咲き、ポピーが咲き、季節を感じる田舎の風景である。

blog090523d

お気に入りの場所でコンパクトカメラ片手に、まさにブラリと行くに相応しいところである。

普段は空いているこの辺りも桜の時期になるとどこから来たのかたくさんの観光客でごった返すが、それもまた風流であったりする。

僕が訪れた頃にはすでに桜は散っていたが、花見客は見事なほどに満開、いや満席状態で広場の芝生は人で埋まっていた。

まあ花見とは建前であって、日本古来の「酒が飲める飲める飲めるぞ♪酒が飲めるぞ♪文化」の景色なのである。

blog090523a

blog090523b

この天平の丘は地元では昔から”尼寺の桜”と呼ばれていた。

その由来を気になって調べてみると、現下野市国分寺に属するこの公園は、741年(天平13年)、聖武天皇が国の情勢不安を鎮めるため、各地に建立を命じた寺を国分寺という。

どうりで、いろんなところに国分寺という地名があるわけだ。

地元のここは、747年頃に当時の下野国として国分寺が建てられたという。

また同時に国分寺尼寺(あまでら)を建立し、10人の尼さんが赴任された。

ということで、この地名「国分寺、天平の丘、尼寺」という呼び名が使われているのだった。

blog090523c

では、なぜ「天平の丘の桜」や「国分寺の桜」ではなくて、「尼寺の桜」と呼ばれるのだろうか。

桜とは、淡い桃色を春風に揺らしながら美しくも刹那に咲き誇るという、とても女性的な雰囲気をもった花である。

そんな可憐な移りゆきをみせる桜を、尼寺の尼僧たちの尊ばしくも艶やかな姿にダブらせて、「尼寺の桜」と呼んだのではなかろうか。

ああ、いつの時代も男心はなんとやら・・・である。

まっ、これもあくまで男心はなんとやら・・・的な推測なんですがね。

blog090523e

届け物には福がある。

最近、ブログがなかなか更新できずにいます。

書く暇もないほど忙しい訳はないのですが、ここ数年はライフサイクルが良いのか悪いのか、自分でも分らない療養の日々を送っていました。

突き詰めれば、健康でいられることが全てにおいて大事なんだと思い知らされた訳です。

そのような意味でも思い煩ったりする時間というのは自己成長に欠かせない要因なのかなって認識しますね。

そんなこんなで、ようやく仕事を含めた日々の生活が少しずつ好転し出しています。

先日、各地の友人知人から、素敵なものが届きました。

これから時間があるときに、そういったものの撮影なんかもしていこうと思っています。

blog-bosabo

ボサボロイド・アンダーウェア

友人がハンドメイドで制作しているアンダーウェアです。

カラーリングがとてもおしゃれで、ボディーにしっかりフィットする感じがたまりません。

スポーツや女性を心から愛して止まない人にはぜひオススメです!

blog-sintama

新タマネギ

静岡産の新タマネギは静岡の友人からです。

甘くてサイコー、生の刺身で食べたいタマちゃんです。

私にとってこの季節はオニオンスライスの季節なのです。

e69c88e6a8b9e88482

樹脂アート

樹脂のなかには桜が入っています。

光を透過させて眺めたり艶やかな表面を撫でたりすると癒されます。

サーフボードの表面素材なのでヤケに落ち着くのでしょう。

e38396e383ade382b0e38394e383a5e382a2e382b0e383aae383bce383b3

ピュアグリーン

今は美容業界で活躍、昔バッドボーイフレンズだった仲間からです。

粉末状の青汁なのでお口に入れて流し込むだけ。

毎日の便通がサイコーです。

三十路半ばのお肌の調子がベリィグーッ!って感じです。

あと、

全国内水面漁業協同組合連合会から釣魚実態調査の協力報告の恩賞として奥日光湯の湖の釣魚招待券が届きました。

上記の一文を見ると、たいへん重要な極秘機密文書を読む気持ちになりますが、

ようするに、行きつけの湖の魚釣りが1日タダでできっぺよ!ってことです。

・・・そんなこんなで”確定申告の時期”を過ぎれば、届け物にはハッピーがありますよ!

なんていう、ちょっと社会風刺的なことも入れつつ、本日のブログを締めたいと思います。