SHUTTER CYCLE DIARIES Jun Yazawa Photograpy

Monthly Archives: 6月 2009

You are browsing the site archives by month.

ムービー・ラヴァー

5月終わりから6月にかけてはたくさんの映画を観た。

中でもダントツに良かったのはショーン・ペン主演の「ミルク」で、サンフランシスコを舞台にした映画で同性愛や社会を描いた作品。

以前サンフランシスコを訪れたときに、何か愛を感じる街だななんて思ったことがある。

この映画を観て、それは行き場をなくした愛の最後の吹きだまりというような側面があるからか、などと思いふけったりした。

sticker_w

続いて観たのは、「グラントリノ」はもう圧巻!っていう物語だったし、「スラムドッグ$ミリオネア」はこりゃやられた!って感じで、ラストのインドダンスにもやられた。

リアルサスペンス系の「消されたヘッドライン」もなかなか良かった。

こういうポリティカル・サスペンスは実話を元に作られているものが多いこともあって自分的に好きなので、大体どれを観ても一定のレベルで楽しいって思える。

先日、ツタヤで借りて観た「ハンティング パーティ」はボスニア紛争に挑むジャーナリストの話で、リチャード・ギアがスクープを取るまでのエキサイティングなドラマがとても興奮した作品だった。

この映画でリチャード・ギアは金持ちな役柄より、悪ぶった凄腕○○的な役柄のほうが断然かっこいいんだなと認識した。

内容はボスニア・ヘルツェゴビナ紛争の戦争犯罪人を追うジャーナリストとカメラマンの話。

オシム前監督や格闘家ミルコ・クロコップも少なからずこの紛争の影響を受けているので、そういう側面を意識しながら見るのが良いのではないかと思います、ハイ。

個人的に好きなのは何といっても「バーンアフターリーディング」。

これはもうコーエン兄弟っぽくてとても楽しめた作品。

前作「ノーカントリー」はヒジョーに面白かった。

よくこんな物語の映画が作れるなって感心するとともに、淡々とした物語のリズムに活きる殺し屋のキャラ設定もハンパねぇ恐いっす!

トミー・リー・ジョーンズはほんと渋い演技がピカイチの役者で、何せ缶コーヒー好きの宇宙人をやらせても「ウゥ渋いぜ!」などと解らされてしまうほど!?

映画はメタファー(暗喩)だと誰かが言ってたが、観客を魅了する物語の内容があって見終わった後に様々な憶測や自問が生まれてくるような作品をたくさん観たいですね。

wallpaper04_1024x768 wallpaper03_1024x768

ちなみにキムタクの「I come with the rain」も観たが、はシーンの色彩は良かったがストーリーの核心部がどうも伝わらなかった。

いいシーンもあれば、つまらないシーンもあり、その差が大きいって感じてしまった。

聖書の中のある物語を題材にしているのだろうけど、伝えたいことがシーン中に出過ぎてて逆に映画の良さが弱くなってしまったような・・・。

まあ映画は見る人それぞれの好みがあり、僕の浅はかな脳内構造ではイマイチ楽しめなかっただけかもしれません。汗

ある程度わかり易い暗喩とエンターテイメントのバランスがよい映画が好きな僕には、やっぱりクリント・イーストウッドの「グラントリノ」はとてもいい映画かなって感じました。

02

しばらく梅雨のジメジメした日が続くようですので、そんなときは素敵な映画でも観て心をすっきり晴ればれしたいものですね。

移植から3年経過しました!

blog0906221

みなさん、梅雨の季節が始まり、お体の調子はいかがでしょうか。

昨日6月21日は移植手術からちょうど3年目にあたります。

そして本日、無事3年と1日(Day 1097)を経過しました。

まだまだ振り返るには早いのですが、移植間もない頃は本当に大変だったと実感するとともに、今こうして生きていられることに心から感謝しております。

これも偏に皆様の励ましのおかげと感じています。

先日、移植を前提にした治療を行なっている患者さんと話す機会がありました。

移植前はみな同じように不安を抱いてしまうので、気持ちをしっかり!と励まし、自分なりの経験談を少し話しました。

その人は、元気そうにしている僕の姿を見て移植する勇気がわいたと言ってくれました。

僕は励ますことしかできなかったのですが、少しでも役に立てたことが何よりも嬉しく、また自分も元気をもらった気がします。

ここ数日は、梅雨の湿気のせいか皮膚や目のカユミが強まっていますが、以前と比べれば GVHDの症状も単発になってきているようです。

季節の節目、皆様もまずは健康をしっかり保って、日々楽しみを見つけながらポジティブに進んでいきましょう!