SHUTTER CYCLE DIARIES Jun Yazawa Photograpy

Monthly Archives: 1月 2012

You are browsing the site archives by month.

初乗りデイ、波乗りのリレー

今日は2012年のサーフィン初乗り日についてです!!

ぼくは正月三が日を外して、

先週末に初乗りをしてきました!

srblog20120109a
波は胸〜肩でオフショアのグッドブレイクでしたよ。

srblog20120109c
初乗りの相棒はCOLE『キャノンボール』
5’6″ x 19-1/2″ x 2-5/16″(ダイヤモンドテイル)です。

srblog20120109b
陽射しも強かったのでココサンシャインをしっかり塗りました。

srblog20120109d

ちょっとバレルになる波もあったニコリン初乗りデイ!

ただし茨城鉾田エリアの海水は、
かき氷のような冷たさでした。

それにしても朝晩の冷え込みが厳しいですね。

ぼくは秋から冬にかけてが一番季節の移り変わりを感じます。

サンディエゴに住んでいた時は日本ほどの季節の差がないので、
ほとんど感じることがなかった四季の変化。
帰国後は”日本の四季”を肌で感じるようになりました。

srblog20120109g
家の庭にもびっしりと霜が降り身近な自然も冬特有の美しさを身にまといます。

srblog20120109h

一年のサイクルで見てみると、
冬を越えたときに一年がリセットされた気がします。

そして暑い夏を夢見てしまう季節でもありますね。
夏になれば涼しい秋を夢見ていたような・・・これぞ人の性(さが)!?

季節の移ろいを感じたときにいつも思い出す一編の詩があります。

谷川俊太郎さんの『朝のリレー』という詩です。

『朝のリレー』

カムチャッカの若者が
きりんの夢を見ているとき
メキシコの娘は
朝もやの中でバスを待っている
ニューヨークの少女が
微笑みながら寝がえりをうつとき
ローマの少年は
柱頭(ちゅうとう)を染める朝陽にウインクする
この地球では
いつもどこかで朝がはじまっている

ぼくらは朝をリレーするのだ
経度から経度へと
そうしていわば交替で地球を守る

眠る前のひととき耳をすますと
どこか遠くで目覚時計のベルが鳴ってる
それはあなたの送った朝を
誰かがしっかりと受けとめた証拠なのだ

この詩は一昔前にCMで使われていたので、
谷川さんの作品の中でも有名な一遍でありますね。

早朝にこの詩を聞きながらコーヒーを飲む至福、
静寂の中にある幸せな時間ですね。

srblog20120109f

世界中の朝が時差(経度)で移り変わっていく。
この『朝のリレー』からはそんな朝の風景が浮かんでくるようです。

その風景をサーファー目線から見るとどうなるのでしょうか?

“世界の経度から経度へと、
良い波に乗ったサーファーの笑顔が交替で訪れていく。”

このブログを書いている最中にも、
きっと地球のどこかではスバラシイ波が割れ、
誰かが笑顔でその波を滑走しているのでしょう。

ぼくたちサーファーは”波を楽しむこと”を通して、
世界と繋がっているのかもしれません。

いわば世界中の見知らぬ誰かと、
“波乗りのリレー”をしているのですね。
笑顔でバトンを渡しながら・・・。

 

夢と感動の相乗効果

みなさんの夢は何でしょうか?

love_on_the_pier

好きな人とずっと一緒にいたい。

ヒーローになりたい。

総理大臣になって国を動かしたい。

プロ野球選手になりたい。

強国のリーダーになって世界覇権の一役を担いたい。

お嫁さんになりたい。

などなど、人によって夢はさまざまだと思います。

大人になった今、夢を持って生きていくことさえ難しい、なんて思ったりもしますよね。

夢を叶えられなかった人にとっては”ハカナキモノ”と映り、夢を叶えた人にとっては”心を支える強靭な思想”と映るのかもしれません。

熱い濁流のような人々の歓声、
それはやがて清流の静寂となり、
“男たち”の登場で火がついたような激流となった。

B’zライブジム2011最終日(千秋楽)。

月日が過ぎるのは早いもので・・・、

昨年の話となりますが、2011年のクリスマス当日に行ってきました!!

そこには観客約5万人分の思いがあり、クリスマス寒波も吹き飛ばすほど盛り上がっていました。

その約5万個の思いをたった1つの言葉に表すとすれば、
『感動』

これに違いありませんね。

最初から最後の1曲まで感動でイッパイでした♪

evening_grow_ca

話は冒頭に戻りますが、人はなぜ「夢」を持つのでしょうか?

その夢に到達した時の感動を味わいたいから。

B’zさんのライブパフォーマンスを見ていて、また観客のみなさんの熱狂を感じて、大満足した後にそんなことを考えていました。

昔読んだ本に、
「夢は将来に通じる大きなものと身近に叶えられる小さなもの、この2つを持つと良い。」
とありました。

もちろん夢は大きければ大きいほど、叶えがいもあるし感動も大きいと思います。

ただ大きな夢への道は、小さな一歩の積み重ねから生まれるような気がします。

spread_wing

波乗りでいえば・・・、
日々早起きを心がけることで良い波にめぐり会えたり、
今日乗れなかった波に次回は乗れるように努力をしたり、
ボード上で足を滑らせないようにしっかりワックスアップしたり、
などなど。

身近なことをしっかりやっていくことは、大きな夢をいつか叶える準備になっている。

ライブ後にはそんなことまで考えをめぐらせてしまいました。

クリスマスに聞く「いつかのメリークリスマス」最高でしたよ♪

強靭なパワーで夢を突き進んでいらっしゃる、B’zのみなさまに「夢」と「感動」をいただいてきました。

ターニングポイント 〜巻き返せるチャンス~

こんばんは!!
今日は1月11日、ラッキーナンバー111ですね。

さて昨年のブログでは、
ターニングポイントと題しまして、
人生のさまざまな分岐点について書いてきました。

今回はその完結編。
「ターニングポイント 〜巻き返せるチャンス~」をお送りします。

srblog_sunset_blacks01

カリフォルニア留学生活も4年がすぎた頃、
自分ひとりでは到底手に負えない出来事に見舞われました。

まさに崖から転げ落ちるような日々の始まり・・・。
驚くことに白血病(CML)にかかってしまったのです。

その後アメリカで約9日間の入院治療を施され、
骨髄移植を受けるために日本に帰国。

余談ですがアメリカでかかった医療費は900万円強、
不幸中の幸いか、何とか保険でまかなえました。

srblog_sunset_ospier01

日本帰国後には骨髄のタイプが合うドナーを探し、
移植までには約1年を要しました。

その後すばらしいドナーさんとめぐり会えて、
2006年、無事に移植手術が成功。
(無記名での手紙のやり取りが許されるのですが、
ドナーさんは本当に思いやりある方で涙したことを覚えています。)

移植後は体力も激減して、移植副作用との闘いの始まり。
その闘病記録はさておき、今日はその闘病生活から得たものを綴りたいと思います。

srblog_wave_cardiff01

病気が分かったのはサーフィンで怪我をしたことから。

いつも通りの何気ないライディングを終えた後に、
太腿にビリビリという大きな痛みを感じました。
その軽い筋の痛みが内出血となり腫れ上がり、
その夜には太腿が2倍ほどの太さに。

翌早朝、緊急でホスピタルに連れられて、精密検査でその病名が発覚。

サーフィン中の些細な怪我、
今では”波乗り”が病気を教えてくれたんだと思っています。

srblog_sunset_swamis01

担当医が決まった際にもひと驚き!
よく波乗りに通った有名スポット「スワミーズ」で、
顔を合わせたことがあるサーファーだったのです。

海で言葉を交わしたことはありませんでしたが、病室でいきなり担当医から、
Dr.「Jun、キミはよくスワミーズで入ってるアジア人じゃないか?」
Jun「そうだけどなぜ知ってるの!?」
Dr.「ぼくは家族とよくサーフィンに行くんだけど、キミはピークからずれた人の少ない場所でよく入ってるよね?」
Jun「あっ、あなたはインサイドで子供にサーフィンを教えてるよね!」
Dr.「そうそう、キミがアジア人だからすぐわかったよ!」
Jun「こんな出会いもあるんですね。」
Dr.「そうだね。わたしはDr.バスドゥ、初めまして・・・じゃないね。(笑)」
Jun「そうですね(笑)、よろしくお願いします。」
Dr.「病気を一緒に打ち負かそう。」

看護婦さんも目を丸くするような、
ウソのような本当の話で楽しい入院生活になったんですよ。
異国の入院治療で心からの安心と信頼を得られる出来事でした。

ちなみにスワミーズはサンディエゴ群屈指の激込みブレイク。
ぼくは10本に1本だけ入るピークからずれた場所でいつも波乗りしていました。

そんな些細なことが運命を分ける出会いに繋がるなんて、
人生は不思議なカラクリに満ちています。

srblog_cardiff_twilighttime01

しかしながら、2005年の病気発覚からサーフィンが出来なくなり、
何度も心が倦みそうになったことを覚えています。

最悪な状況への恐怖。
夢や希望への挫折感。

そんな中でまずはじめに持った目標は、
なにがあってもあきらめないこと。
そしてサーフィンに復帰すること。

無菌室のベッドに横たわるだけの日々でも、
周りの人々に励まされ支えられ着実に進んできました。

“窓の外すがすがしく晴れてれば晴れてるほど、
哀しくなるのはとても寂しいことだと思います。
胸の痛みと手をつないで明日を迎えよう。”

これを乗り越えればまた“すばらしいチャンス”がやってくるんだ、と。


(この一節はB’zさんの『wonderful opportunity』から得ました。闘病中はこの曲にすごく励まされたんですよ!)

srblog_sunset_session01

いつも心には波を思い浮かべて、
辛い時は目を瞑り楽しく波に乗る自分をイメージ。

リハビリがスタートしてからは、
「そろそろ波乗り復帰ができるのでは?」
なんていう甘い気持ちになりましたが、
先生からは「もう数年は無理です」と忠告を受けたり・・・。
(自分の状況を考えれば無理なことは分かっていたんですけどね。)

そんな事から海に関する情報をシャットアウトして、
逆にサーフィンを遠ざける生活をした日々もありました。
免疫力の低下で海に入ること自体が許されなかったのです。

まぁリハビリ後は基礎体力があったせいか、
体力の回復がとても早かったようですよ。

IMG_2051

そしてようやく今年、
丸6年を経過してサーフィンに復帰することができたのです。

ぼくにとってはまさに、
これからが波乗りできなかった日々を巻き返せるチャンス!!

波乗りを復帰した今36歳、
週2回の海として年間104日ほどサーフィンができます。
60歳まであと24年間続けても約2500回しかサーフィンできないのですね。

そう考えるとオフショアの美しい波もオンショアのガタガタの波も、
どうせなら同じだけ楽しみたいと思ってしまいます。

golden time in encinitas

たとえ海に行けない日々を送っていても、
きっとどこかで美しい波に笑顔で乗っている人がいる。

その景色を心に想い、
自分に重ね合わせることで、
いざ波乗りに行ったときの差はとても大きいものです。

闘病を経験してそんなことを学びました。

人間の持つ思い(またはイメージ)の強さ、
その可能性は計り知れないパワーを持っているようです。

今日は長々と書いてしまいましたが、
言いたいことはたった一言なんです。

『波乗りをやっていて良かった〜♪』

つむがれる糸に抱負を乗せて。

あけましておめでとうございます。

元旦は大阪で過ごすことにしています。

その理由は、健康は「食」からということで、
一年の初めに食文化の発達した大阪でしっかりパワーをつけるということ。

そしてもう一点は、
幸福の神さま「ビリケン」と商売の神さま「えべっさん」に、
しっかり祈願しに行くということ。

それでは食と神さまのトリップをご覧ください。

srblog20120102a
大阪到着すぐに難波に向かい、
まずは三佳屋の「どて焼きカレーうどん」。
「商売は笑売」という笑顔の店構えに魅かれて入りました。笑

srblog20120102b
美味い!!
味も辛さも絶妙で思わず笑顔になりました。

srblog20120102c
続いてビリケンさんに会いに新世界へ。

srblog20120102h
まずはたこ焼きで食やすみ!?

srblog20120102i
通天閣の下では”大阪のおっちゃん”たちが将棋の真剣勝負を繰り広げていました。

srblog20120102j
新世界といえば串かつ。
「だるま」などの名店は行列で数時間待ち。

srblog20120102f
名店はあきらめて穴場探し。
「勝大」というお店を発見、
入口ではビリケンさんがお出迎え。
これは大きな「勝」を入れねば!と入店しました。

srblog20120102g
美味しい串かつでしっかり気合いを入れたので今年は元気に行けそうです!!

srblog20120102e
帰り道には商売繁盛の「えべっさん」にも会えました。

srblog20120102d
もちろんビリケンさんの足をナデナデして、
しっかり幸福祈願もさせていただきました!!

.

さて、
ここで去年の10月に復帰した波乗りの話。

復帰から年末までを振り返ってみると、
記憶に留めている思い出波が数本あります。

srblog20120102k

すばらしい斜面を見ながら足を滑らせてしまった波、
掘れた波に巻き上げられた恐ろしさ、
脚力不足でターンが遅れたあのボトム景・・・。

もちろんうまく乗れた波の記憶もありますが、
満足に乗れた波よりも失敗した時のほうが記憶に残っている!?
何だかそんな気もしています。

ただそれらの記憶に残る波が、
次にしっかり繋がる1本にしたいと思っています。

srblog20120102l

“繋がる1本”

それはまさに人生も同じで、
日々の小さな糸をつむいでいった先に未来の自分がいるのかな、
“年の初め”のせいか、そんなことを考えていました。

1本の糸の先に未来の自分がいる。

その糸がつむがれて、
編み合わされていくことで将来が出来ていく。

そう思うことで、
たとえ何気ない日々に起きる小さなことにも、
しっかりとした意味を見いだせるような気がして、
日々を乗り切る糧にしています。

楽しいことも辛いことも・・・。

「昨年の一年はどんな糸を紡いだんだろう」と、
目を瞑って考えてみるのも面白いかもしれませんね。

より良い未来を想像してちょっと幸福な気分になれそうです♪

それでは皆さまも、
今年もすばらしい2012年をお過ごしくださいね!!