SHUTTER CYCLE DIARIES Jun Yazawa Photograpy

Monthly Archives: 2月 2012

You are browsing the site archives by month.

楽しいライフスタイルが育むもの。

flyng_bum

人生にはさまざまな選択肢がある。

日常をありのままに生きていれば、

“どちらかの道を選択する”局面が多々ある。

その道をライフスタイルに例えるなら、

ぼくはその度にサーファーというライフを選んできたのだろう。

今日は外気がとても寒いので、

家で暖かくしつつ海を想う・・・

そんな日にしようと思いました。

「波乗りを通して育んだもの」について、

ほんのちょっとだけ触れてみます。

dstreet_encinitas

長年サーフィンと関わっていくなかで、

さまざまな選択肢を選ぶ局面がありました。

その選択肢とは以下の2つ。

サーフィンを続けること。

他の楽しみを見つけること。

その局面でぼくが選んできたのは、

サーフィンを続けるということ。

oceanside_south_pier

世界中のサーファーの中には、

無心にサーフィンを追い求めてきた人もいれば、

サーフィンを続けることに疑問を持った人もいると思います。

ぼくの場合は後者のほうで、

何度かそういう場面に出くわしたことがあります。

サーフィンを一緒にはじめた仲間が海に通わなくなった。

リーフブレイクの大波で怪我をして臆病な自分を知った。

長く病気と向きあう間に海から気持ちが離れてしまった。

そんな局面を迎える度に、

“サーフィンを続けること”を選んできました。

その結果として今の自分がいる。

ふと立ち止まって考えてみると、

なんだか不思議な気持ちになります。

spread_wing

はじめてサーフボードに触れてから、

気がつけば20年近くの時が流れています。

心に残るたくさんの波と出会ってきました。

サーフィンを好きになればなるほど、

波乗り自体がライフスタイルとなり、

海で過ごすことが良質な時間となっています。

imagine_of_wave

サーフィンを通して内面に育んだものとは?

自分の心にまっすぐに向かうことの大切さ。

人生を楽しもうとする前向きさ。

さまざまな物事をまっすぐに見られる視点。

それは、

海と、波と接することで、

自然からの声に耳をかたむけて、

一生懸命に楽しもうとしてきた結果なのかもしれません。

solid_wave_hasaki

サーフィンを始めて何十年経っても、

良い波を目の前にすれば変わらず興奮します。

すばらしい波に乗った日は1日じゅう豊かな気分で過ごせます。

サーフィンに行く前夜はワクワクして寝付けません。

新しいサーフボードが届いた日は嬉しくて笑顔が止まりません。

きっと50歳になっても、

60歳になっても変わらずに・・・。

glacier_point

一緒に波乗りをはじめた仲間には、

その情熱を仕事に傾けた人もいます。

海への思いを山に託した友もいます。

滑走の舞台を雪に置き換えた仲間もいます。

たとえそのベクトルがどこにあろうとも、

“良質な時間が豊かなこころを育てる”

ことには変わりがありません。

greenflash_cardiff

そしてまた病気復帰後もサーファーという道を選びました。

.

人それぞれ道は違えど、

楽しいライフスタイルをまっとうして、

豊かな人生を歩いていきましょう!

いつまでも、どこにいても・・・。