SHUTTER CYCLE DIARIES Jun Yazawa Photograpy

魂の還る場所、そして目指すべき未来へ。

jypblog20161018a

これは福島三春町の滝桜。

日本で3本の指には入る有名桜なので、開花時期は観光一色となる。

樹齢1000年を越える歴史のある老桜で、

枝花が滝のように降り注ぐベニシダレザクラは圧巻。

老木なだけにたくさんの柱で枝を支えられて立っている状態でもある。

もはや観光スポットの見世物としての印象も拭えないが、

この補強のおかげか、あの大震災でも倒れなかったのだからすごい。

神木のような桜を守るという土着の文化もあるのだろうが、

この桜に元気付けられた福島県民も多いのだと思う。

その一方で、滝桜を撮影していて、

雑誌コヨーテで読んだハイダ・インディアンの言葉を思い出していた。

jypblog20161018b

「去年の嵐で南にあったトーテムポールがついに倒れた。

それはよいことなんだよ」

アラスカのハイダ・インディアンの文化では、

祖先の魂やそれを象徴するものが土に還ることは佳いことと考える。

アラスカの各地にあったトーテムポールは、

その多くが文化財保護のために博物館に持ち出されてしまったという。

人知れず森の中に佇むトーテムポールが自然に朽ち果てて、

森に還っていくさまをただしっかりと見守ってあげること。

これこそがハイダに宿る魂の回帰、すなわち自然観なのだろう。

福島の桜とアラスカのトーテムポール。

これらには文化の違い、生き方の大きな違いを感じてしまう。

ぼくたちが生きる数百年のスパンでは、良し悪しを決めることはできないことでもある。

世界規模でさまざまな変化が起きている転換期の今、

ぼくたちが何を選び、何を捨てていくのかということに注目していきたい。

人間を含めて、動植物が目指すべき未来は一体どこなのだろうか。

都会の雑踏や人々の雑音にかき消されないよう、

内なる声を頼りに、その行き先を探してゆこうと思う。

 

Life is a Journey(人生とは旅である)

thinking-machupichu_ss
Life is a Journey(人生とは旅である)

これはペルーのマチュピチュでの一枚。

天空の城にある石窓に座り、山々を見つめながら、旅日記を書くバックパッカーの姿。

 

日本語には同じ意味合いでもカッコよさが違う言葉がある。

たとえば、「旅行」と「旅」。

「旅行」というと、観光地に行ったり、温泉に入ったり、その土地のお土産を買ったりという、とても観光的な響きになる。

それが「旅」となると、未知なるものへの探求心が芽生えて、何か目的を探すかのような、冒険的な意味合いが強くなる。

カタカナで言っても、「トリップ」というと旅に近く、なんだかちょっとカッコイイ。

一方で「トラベル」というと、どちらかというと旅行に似ていて観光風な雰囲気がただよい始める。

実際の英語では??

「TRAVEL = 旅行する」という動詞なので、旅行は「TRIP」または「JOURNEY」になるとのこと。

さらに「TRIP」は短い旅行で、「JOURNEY」は長い旅行のようなニュアンスがあるという。

となると…英語でいえば「旅行 = トリップ」、「旅 = ジャーニー」と当てはめると心地よい。

jypblog20161011a

波乗りが趣味のぼくは年に1〜2回はサーフトリップに出る。

日頃のストレスから解放されて、ただただ波乗りを楽しむだけの旅。

波に乗ることが目的なので、もちろん行き先は海沿い。

波が豊富にあり、食事がおいしく、さらに暖かい場所なら言うことなし。

サーフィンだけが目的なので、観光的な要素はほぼない(笑)

最近はラントリップといって、海沿いや美しい景色をみながら走ることを目的とした旅行もあるそうだ。

ランニングシューズやウェアをバッグに詰め込み、「走ること」をテーマに旅先を選ぶ。

普段、都会でランニングを楽しむ人にとっては、このラントリップはとても楽しいものだろう。

下記のようなサイトもあって、こんな旅も楽しそうである。

Run trip Magazine → http://mg.runtrip.jp

jypblog2015sunset_srilanka

目的は多々あれど、旅をすることで、未知の経験を積み、人々と出会い、新しい景色が開ける。

海外に行くと、時間通りに来ないバスや電車があったり、レンタカーが故障して飛行機に乗り遅れたりと、

普段の生活ではあり得ないようなことが、日常的に起きたりする。

旅で経験する困難も楽しめるようになれば、旅人として一人前なのかもしれない。

旅で出会うひとつひとつのプロセスが、自分の価値を高め、人生は深みを増していく。

トリップ(短い旅)を繰り返すことで、ジャーニー(長い旅)となるのかもしれない。

「Life is a Journey(人生とは旅である)」、

やはり人生とは山あり谷ありで、壮大な旅のようなものである。

 

まずは自然を楽しむことから始めよう

jypblog_ow0p5756

過去の歴史において、この10年は最も気温が暑い10年となったそうです。

さまざまな情報が集まるNASAの施設では、

火星や月の画像よりも、私たちが住む地球の画像が注目されています。

それは世界的に起こっている干ばつの画像。

さらに干ばつが引き起こす食糧難の予測です。

今までは農作物を生み出せた大地が干ばつにより砂漠となってしまう。

地球規模で起こりえる食料危機。

人口増加の予測よりも、干ばつによる作物生産の減少が食糧難をひき起こすのではないかと言われています。

それに伴い、世界規模で起こっている森林の減少は今最も注目すべき危機です。

森林の消失は、温暖化の直接的な原因となるからです。

jypblog20161004_01

森林の消失が最も速いスピードで進んでいる国はインドネシア。

この15年で森林の8割が商業的に搾取されたそうです。

森林を伐採するもっとも簡単な方法は、森を焼いてしまうこと。

特にインドネシアの地域では、森林を焼く煙が、宇宙からでも見える程。

国立公園に制定された場所でも、違法な伐採が繰り返されているそうです。

なぜ森林消失が進むのか?

それは資本主義が生みだした弊害にあるようです。

問題は先進国で使われるパームオイルへの需要。

伐採された森林は、パームオイルを生産するための油ヤシの栽培場と化してしまうのです。

では、パームオイルとは?

インドネシアの森林伐採が、ここで初めてぼくらの生活に直結してきます。

パームオイルとは、「植物性油脂」という成分で、

食品から化粧品まで多くの製品に入っています。

そのパームオイルが適切な方法で製造されたものか?

それとも違法な手段で森林伐採された土地で生産されたものか?

それを末端の企業から見直す必要があるのです。

温暖化の原因は?

科学者、企業、宗教などのフィルターを通すと、

温暖化の原因はバラバラになるようです。

それはきっと主観が働いてしまうからでしょう。

ただ唯一言えるのは、人間の生活は大きな原因のひとつということ。

人類発展の影にあるのは、地球本来がもつ美しいシステムへの悪影響。

異常なほどの二酸化炭素の放出で、大気という美しい温室効果システムに悪い影響を及ぼすことです。

jypblog20161004_02

さらに前述した「干ばつ」。

この干ばつが領土問題を引き起こす恐れもあるということです。

世界で起こる紛争は、貧困が原因のひとつにあります。

日本など「貧困と富裕の格差」が少ない先進国に、内紛が起きない理由はそこにあるのかもしれません。

貧国のひとつの要因は、温暖化による干ばつで経済難が起きること。

特に中東ではその要因が大きいとのことです。

紛争が長引くシリア。

干ばつによって農業ができなくなった地域の農民が立ち上がり、反政府運動を起こしたことも要因のひとつと言われています。

それが今や近隣国の主権争いや宗教対立が絡み合って、中東を巻き込む危機的状況に落ちっています。

事実を黙認する政府があり、飢える国民が行動を起こす。

紛争の元を正せば、”飢えた人たちの革命”なのです。

豊かな土地が与える影響は計り知れないと思います。

経済第一主義と戦争。

森林伐採と干ばつ。

それは人間への影響だけでなく、自然環境とも深く関わっているのです。

ぼくらが考える豊かさは、今まさに分岐点に来ているのかもしれません。

jypblog_zion_ow0p6071

美しい森と清らかな水。

そんな当たり前のような世界が、いつかは憧れのエデンになってしまうのでしょうか。

大切なのは自然のなかで遊ぶこと。

子どもなら野山を駆けめぐり、どんぐりを拾い、草木とたわむれる。

大人ならサーフィンや登山、トレイルランニングなど、アウトドアスポーツにいそしむ。

自然遊びから多くのことを学べます。

それは小さな教室で勉学を学ぶこと以上に大切なことだと思います。

生きていく上での広いビジョンや大きな視野を養えます。

海や山、森を愛し、そして親しむこと。

まずは身近にできることから始めてみようと思います。

サーフィンから学ぶ、「今この瞬間を生きる」という考え方。

サーフレジェンドのジェリーロペスの言葉に、

「サーフィンとは”禅”である」という言葉がある。

この言葉が意味するものは?

分かるようで分からない。

分からないようで分かる。

そんな疑問がいつもあった。

「静的な禅」に対して、「動的なサーフィン」。

この何が同一なのだろうか、と。

jypblog20160927_01

この答えに一歩近ずくような思想、

それは、ぼくが起業家として尊敬するスティーブ・ジョブズの言葉にあった!

「じっと座って観察すると、

自分の心がいかにひとところに留まっていないかがわかる。」

ジョブズは座禅をこよなく愛した経営者として知られている。

心を落ち着けて内的自分を見つめ直す、座禅にはそのような効果があるようだ。

「とらえにくいものの声が聞こえるようになる。

その瞬間に、直感が花開いて、

物事がくっきりと見え始め、

もっと今この時を生きられるようになる」

座禅をすることで、

「今この瞬間に意識を向ける」ことができると語っている。

なるほど納得!!

これは話題のマインドフル・アウェアネスにも通ずる考え方ですね。

※マインドフル・アウェアネス

瞑想など、禅の手法を用いたメンタルトレーニング。

感情をコントロールすることを目的にスポーツやビジネス界でも注目されている。

プレゼンの上手さで有名なジョブズだけに、言葉が胸に刺さります。

この思想は、まさにサーフィンと重なる部分ではないだろうか。

jypblog20160927_02

普段生きていると、

自分の思考イメージはさまざまな時間軸を飛び交う。

あの時もっとこうすれば良かった。

自分の将来はどうなっているのだろうか?

こんな夢を叶えたい。

などなど過去や未来を行ったり来たりと。

それがサーフィンをしている最中は、まさに今その瞬間のことに集中している。

その日の斜面に合わせてテイクオフを反芻する自分。

いつセットはやってくるか?

良い波に乗るためのベストなポジショニングはどこか?

どのようなラインで乗るのが最良か?

思考回路はすべて波に向けられて、この世に存在するのは、まるで自分と波だけかのように。

ただただシンプルな世界のなかに放り込まれる。

これこそが今この瞬間を生きる強さではないか!

そして禅と同一の思想がここに流れている。

jypblog20160927_03

デイブ・ラスタビッチは、サーフィンの魅力についてこう答える。

「サーフィンはいつも俺に教えてくれる。

サーフィンをしているとき、

善悪や生き方など現実的なことをいろいろ考えてると、

バランスを失って毎回ボードから落ちる。

でも、ただ無心にサーフィンすれば、

生涯最高のサーフィンができるだろう。

チューブライドやクールな体験ができるはずだ。

つまり俺たちは、

どんな風にサーフィンするとしても、

こんな気持ちでテイクオフする。

目の前に現れた波に乗る。

他のことを考えてる余裕なんてない。

次の日の予定や人からの評価なんて関係ない。

状況に対応するだけ。

集中して立ち向かえば最高の結果が生まれる。

サーフィンの魅力は、

自然への敬意や、それを取り巻くすべて。

そのすべての要素が、

俺がサーフィンをする理由さ

今この瞬間を生きること。

過去にとらわれることなく、また未来に思い悩むことなく、今この時を見つめて生きる。

いつかそのシンプルな境地に辿り着けるよう、今も座禅しながらブログを書いている。

…と、この辺で足がしびれてきたので終わりにします。

いやはや、無心とは難しいものである。

 

人の精神とは樹木のようなもの…緑深き森@屋久島

jypblog20160920_01
緑深き森, 屋久島

 

人間を圧倒するような自然美。

ここは屋久島、白谷雲水峡の緑深き森。

この森を歩きながら、人間の精神とは樹木のようなものだ…と思った。

枝葉の茂った木は、

雨や嵐の悪天候のなかでも、強い陽射しに照りつけられても、

根からしっかりと栄養を吸い込んで、日々その枝葉を伸ばしつづける。

木が育つように、

日々の出来ごとを栄養の糧(かて)として、人の思想や考えは育っていく。

「信念」という根をはりめぐらせ、

経験という太陽光を浴びることで、心は大きな幹を伸ばしはじめる。

「思想」という枝葉をフサフサと生やしながら。

時にはきつい太陽の日差しも、豪雨をもたらす雨風も、

その生い茂った枝葉で心身を守ってくれる。

日々しっかりと栄養を与えてあげれば、

経験というたくさんの葉をつけた「心」が、

困難や苦しさと対峙した自分を助けてくれるはずだ。

ブレることのない樹木のように。

木々がうっそうと生い茂る森を歩きながら、ふとそんなことを考えていた。

フムフム、人が自然から学ぶことは多い。